« 皆さん気を付けて! | トップページ | 皆さん気を付けて!! »

2017年8月11日 (金)

子どもは親をしっかり見て学んでいる

子どもはいろいろなものを吸収して大人になるが、一番最初に学ぶのは親からだろう。
子育てで大切なことの一つは、親を含め環境だ。
幼くても、いいもの(天国的なもの)も悪いもの(地獄的なもの)も両方見せて、教育するという人もいるが、私は幼い時には天国的な環境で育てたほうがよいと思っている。
 次第に成長し、良いこと悪いこと・善悪の判断が自分でできるようになって初めて悪いものも見せるようにした方がいいと思っている。

 親は、そのようなよい環境を子どもに作ってあげなくてはならない。
 子どもは自分で作ることができない。
 できるのは親である。
 子どもは、乾いたスポンジのようにたくさんのことを吸収しようとする。
 何を吸収するかは、子ども自身では選べない。
 善悪の基準ができあげっていないので、判断できない。
 そのため親がよきものを与える・よき環境を作ってあげる必要がある。

 天国的な言葉(相手を思いやってたり、優しい言葉)が、飛び交っている家庭に育った子どもは幸せだ。
 それを自分のもので切るからだ。
 地獄的な言葉(相手を傷つけたり罵ったりする言葉)が飛び交っている家庭に育った子は、それを自分のものにしてしまう。

 親はそんな気なしに、夫や妻に話をしているが、その言葉や、その言葉に乗せられた相手に対する思いを子どもはしっかりと聴いて、見て学んでいる。
  

「我が家なりの子育てを模索しながら頑張っていこうと思っています」
 とこの方は言われている。
 いろんなことを試し、今は試行錯誤の子育てなのかもしれないが、子どもが大きくなる前に、ぜひいい子育ての仕方を早く学んで、良い子育てをしてほしいと思う。
 
 
「ぜひ一度、あなたの子育てをビデオに撮って私に見せてください」
と私はお母さん方に言うことがあるが、多くのお母さんは
「とんでもない。私の子育てなんて見せられたものではない」
と言われる。
 謙遜もあるかもしれないが、本当にひどい人もいるかもしれない。
でも,他人に見せられない姿、人に聞かせられないような言葉を、毎日子どもは聞き続けることになる。
 そして、それを真似る。

 「うちの子は、、、」
 と子どもが悪いとばかりに言うが、その手本は親である場合が多い。
 まず、手本である親から良くしないと子どもはよくならないと私は思っている。


hitomi、“厳しすぎ?”育児への批判に反論「しかる時はやっぱり叱る」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=17&from=diary&id=3631058

  • 国分寺市 霊視 

  • 国立市 霊視 

  • 三鷹市 霊視 

  • 渋谷区 霊視 

  • 小平市 霊視 

  • 昭島市 霊視 

  • 新宿区 霊視 

  • 杉並区 霊視 
  • « 皆さん気を付けて! | トップページ | 皆さん気を付けて!! »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1751966/71391052

    この記事へのトラックバック一覧です: 子どもは親をしっかり見て学んでいる:

    « 皆さん気を付けて! | トップページ | 皆さん気を付けて!! »