« 内申のみを目的とするのではなく、、 | トップページ | メッキはいつか剥がれる。本物を目指そう❗ »

2017年8月11日 (金)

一冊千円の本を売っても利益は少ない

一冊千円の本を売っても利益は少ない。おまけに万引きもあり、書店経営は田舎では難しいだろう!

しかし、書店があることは地域の文化にとってはとてもいいことだと思う
田舎ではスーパーでさえ移動販売になっている。
地域に書店をおくためには、移動販売や、他の業種とのコラボ、行政の後押し等色々な可能性を模索しないといけないが、できれば子供たち等多くの人のために、あって欲しいものだ。
誰かいい知恵はないものだろうか!?


“書店ゼロ市町村”が全国に332も! 理由はオリジナリティの喪失?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=140&from=diary&id=3634149

  • 東大和市 霊視 

  • 清瀬市 霊視 

  • 武蔵村山市 霊視 

  • あきる野市 霊視 

  • 西東京市 霊視 

  • 西多摩郡瑞穂町 霊視 

  • 西多摩郡日の出町 霊視 

  • 西多摩郡檜原村 霊視 
  • « 内申のみを目的とするのではなく、、 | トップページ | メッキはいつか剥がれる。本物を目指そう❗ »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1751966/71391083

    この記事へのトラックバック一覧です: 一冊千円の本を売っても利益は少ない:

    « 内申のみを目的とするのではなく、、 | トップページ | メッキはいつか剥がれる。本物を目指そう❗ »